恋肌で全身脱毛をお願いしました

顔の毛深さは隠せないから辛い

顔の毛深さは隠せないから辛い女性スタッフだから不快にならない麻酔なくても耐えられる痛さ

恋肌っていうサロンでは無料カウンセリングやってるみたい、ちょっと受けてみよっかな~

— BeautyLove (@beautydatsumo) 2019年4月12日
ワキや口の周りなどの脱毛は、絶対に20歳を超えたら受けに行こうと中学生や高校生くらいの頃からずっと考えていました。
特に口の周りの脱毛は深刻に受けに行きたいと家族にも話していて、女性なのにヒゲが濃いことははっきりとコンプレックスになっていたので深刻な悩みだったと言えます。
中学生の頃は男性のようにヒゲを毎日の如く剃らなければいけなかったのが本当に嫌で仕方が無かったです。
体が成長するに連れて体毛がどんどんと濃くなってきて、自分ひとりでのケアには限界があると18歳くらいの頃には感じていました。
そして親と相談した上だったのですが、20歳になったのと同時に脱毛を受けに行けるようにとアルバイトを始めて、将来に備え始めたのもその時期です。
本気で身体中の無駄毛をなくしてしまいたい欲求が強かったからです。
両親や姉妹も私の無駄毛に対するコンプレックスに理解を示してくれたので、アルバイトを優先する私の生活もサポートしてくれました。
そんな家族の応援もあって、20歳になる頃には十分な貯金が貯まり全身脱毛を一括で受けに行けたという感じです。